うずしおクルーズ 淡路島から、うずしお観光!

  • 旅行社の方へ
  • お問合せ
  • うずしおクルーズ
  • 時刻表・料金
  • クルーズ体験記
  • アクセス・駐車場
  • 周辺スポット

「うずしおはなぜ発生するのか?」や「うずしおの見頃について」など様々なうずしおのまめ知識をご紹介します。

鳴門海峡のうずしおは世界最大!

春と秋の大潮時には直径20mにもなる大渦が出現します。
大小いくつもの渦が数秒単位で「現れては消える」を繰り返しますので奇跡の現象を見逃さない為にも、注意深く海面を観察してください。
この大迫力の大渦を観れるのは世界中で鳴門海峡だけです。

「世界のうずしお」大きさランキング
1.日本 鳴門海峡 直径20m
2.ノルウェー サルトストラメン街の海峡 直径10m
3.フランス ランス川河口 直径2m

鳴門海峡は世界三大潮流のひとつ!

イタリアのメッシーナ海峡、カナダのセイモアナロー、と並んで世界三大潮流の1つに数えられる鳴門海峡ですが大潮時には時速20kmの速さで轟音をあげながら海水が流れこみます。
鳴門海峡ではうずしおだけではなく、ここだけでしか観る事が出来ない現実離れした神秘の光景にたくさん出会えます。

「世界の潮流」速さランキング
1.イタリア メッシーナ海峡 シチリア島
2.カナダ セイモアナロー ブリティッシュコロンビア州
3.日本 鳴門海峡 淡路島・鳴門

鳴門のうずしおはなぜ発生するのか?

「うずしお」は、太平洋(紀伊水道)と瀬戸内海の潮の干満差により、淡路島と鳴門市を挟む「鳴門海峡」で、激しい潮流が発生することによりできる「自然現象」です。
当社潮見表の「満潮」時には淡路島側に、「干潮」時には鳴門側に「うず」ができます。
観潮船は、うずしおのできるところへ移動しますので、いずれの場合でも間近から「うずしお」をご覧いただけます。

うずしおの見頃について

「うずしお」は、潮流により発生する自然現象で、潮の流れない時間帯には 「うずしお」は全くできないため見ることはできません。一日のうちで潮流が最速となる時間帯に最も迫力ある「うずしお」が発生します。
「うずしお」発生の原因である「潮流の速さ」は毎日異なるため、迫力や大きさも毎日異なります。大潮の潮流の最速時は非常に流れが速く、迫力ある大うずを生み出しますが、小潮の場合は最速時であっても大うずは期待できません。
うずしおを楽しむためには、その日の潮の最速時にあわせることが第一で、できれば大潮(月2回、満月・新月)の日が良いといえます。

当サイト内の潮見表ページでは、各日の潮流の状況を確認することができ、さらに日付をクリックするとその日の便ごとのうずの期待度を確認できますので、乗船計画の際にはご活用ください。
大きなうずしおが発生するのは大潮時ですが年間を通じてうず潮はご覧いただけます。
詳しくは潮見表ページにてご確認ください